人材育成

火花検査技能【技術伝承】

社技能競技会 火花検査

火花検査

火花検査とは、鋼材にグラインダーを当てた時に生じる火花の形態を観察し、それぞれの特徴から、含有成分の概略を推計するもので、出荷する鋼材品質を保証する当社の重要業務のひとつです。

人の技術によって支えられている匠の技とも言うべき火花検査技能はメディアでもたびたび紹介されています。

日々の自主的な訓練によって技能を維持させ、毎月1回の実技試験に合格するため、訓練室に通い、技能研鑽をしています。

マイスター

年間優秀者の中でも火花検査技能が他の模範となり、指導育成できる人にはマイスターの称号を与える認定制度を設けています。

年間優秀者

日々の訓練や毎月の実技試験で点数を累積して、年間の高得点者には優秀賞として社長表彰しています。

A級ライセンス

確かな技術を身につけた社員が、技能ライセンスを与えられ、鋼材品質を保証する業務に従事しています。

火花検査技能の認定制度ランク

 

 

指導員

火花研修生へ知識や技能を指導したり、A級者の技能判定を出来る、当社の火花検査技術のスペシャリストです。

みずほ 火花掲載記事

 

TOPへ